ごあいさつ

 

鍼やお灸は一般的に、「深く刺す」「熱さを我慢する」などのイメージだったり、また病気の重い人や治療の最終手段として注目されることが多いものです。何となく敷居が高くなりますね。

 

しかしこの認識は鍼灸の一側面であり全てではありません。

ふりこ堂鍼灸院では脈診流経絡治療を行います。

脈を診ることで身体の状態や変化を把握して、病名に関わらず一人一人に合った調整をすることで元気を取り戻すお手伝いをします。

鍼は深くさす必要がありませんので痛みや不快な響きはありません。お灸は肌を焼くものではなく温かさを感じる程度。

楽に受けられて結果心身ともに健やかでいられる施術法です。

 

たとえば、疲れがとれない、眠れない、日々の生活が楽しめない、などの状態を当たり前に過ごしているとしたら、それは病気ではないけれど未病という手前の状態。

身体の中から調整することをおすすめします。

 

 鍼灸のベースである東洋医学の目的は、病気を治す為だけではなく、どんな人でも日々を元気によりよく生きていくことにあります。

日常の養生や、心身ともに疲れてしまったとき、もちろん痛みや辛い症状に悩んでいるときなど、東洋医学の広い考え方を身近に感じていただけるように、鍼灸院としてお力になれればと願っております。

 

 

ふりこ堂鍼灸院 鈴木史乃